분류되지 않음四肢が縛られたまま済州島の森で見つかった子犬

四肢が縛られたまま済州島の森で見つかった子犬




森で発見された朱色

多くの人の共分を買った事件です。

済州島の有機動物保護所の前の森で、口と足が紐とテープで結ばれたままの子犬が見つかりました。

最初の発見者は有機動物保護所のボランティアAさんで、Aさんがインスタグラムに紐に縛られた朱雀の写真と発見された経緯、写真と動画を共有して事件が知られるようになりました。

A氏によると、「口の中には舌干しを入れておいて、紐とテープを使って強く結んでいました。しているのは難しい姿勢で、子犬をとてもタイトに縛っておくことができなくなり、菜の花の真ん中に子供を投げました」

ボランティアは、Aさんはペンチを探して縛られていた紐をほぐしたが、力が抜けた子供は動かず苦痛に横たわっていたと伝えました。

またAさんは「有機犬の保護所では何とか子犬を死なないように努めますが、ある人はこんなに巨大な蛮行を犯し、生命体を殺そうとするのを見るのがとても心が痛い」と吐露しました。

後にSNSで保護所が伝えるこの子犬はもともと避難所にいた子供だったのです。 子犬がどうやって絹の外に出るようになったのですが、それを発見した誰かが子供を縛っておいて見えないところに投げて行ったのです。

残念ながら、保護所の周辺にはCCTVが設置されていないため、具体的な状況把握が難しいという。

ただ、保護所の入り口の菜園に投げて行ったのを見たとき、避難所の位置を知っている周辺人の小行なのだろうと主張しました。

現在、畑に有機されていた子犬は薬を当てて注射を受けてたくさん良くなり、命に支障がないと言われています。

動物保護法によると、動物を虐待する際に最大3年以下の懲役もしくは3000万ウォン以下の罰金に処されます。

ⓒ美しい物語を伝えるアニマルプレス、無断転載及び再配布禁止



ホットコンテンツ






最新のコンテンツ


済州:アニマルプレス|ソウル特別市官楽区ボラメドン662-96 1階|出版社/代表:イ・イェホ編集者:チョン・ウンハ| E-Mail: imyeho@gmail.com

AnimalPressのすべての記事(コンテンツ)は著作権法の保護を受けており、無断転載コピーの配布などを禁止します。

COPYRIGHT@ ANIMALPRESS INC. ALL RIGHTS RESERVED

글 l 애니멀프레스팀

ⓒ 인간과 동물의 이야기를 전하는 매거진, 애니멀프레스

새로운 이야기
새로운 이야기
많이 본 이야기

오늘의 이야기

12월 1일, 오늘의 띠별 운세

'오늘의 띠별 운세' 2022년 12월 1일 운세는? ▶쥐띠 오늘의 운세 "다른 사람의 잘못을 용서해 주도록 하세요. 너무 맑은 물에는 물고기가 살 수 없어요."60년생 -되로 주고...