분류되지 않음毛皮のような北極キツネが目に初めて会ったとき

毛皮のような北極キツネが目に初めて会ったとき

目を初めて見る北極キツネ

ポーランドのある動物団体(オトワルテ・クラキ)は、違法な毛皮農場を急襲し、数匹の北極キツネを救助する活動をします。

オトワルテ・クラッキーによって救助された北極キツネは、保護所で保護され、治療を受けました。 その中に特別な北極キツネ一匹がありますか? まさにマシエク(Maciek)という北極キツネです。

毛皮の農場で事故のために足の片側を傷つけましたが、傷は深刻でしたが、治療を全く受けませんでした。 救助後に多くの医師が集中して治療をしようとしましたが、残念ながら状況は好転せず、結局後肢を失うことになりました。

憂鬱な状況のマシエックだったが、過去に農場での生活よりも良い生活に満足するように、保護所の人々に愛嬌も吹いていたずらして、日当たりの良い性格を持つようになりました。

そして時間が経つと、マシエクは毛皮農場の外で初めて冬を迎えることになりますか? 目に出会う北極キツネは一体どんな反応を見せますか?

マシュエクは庭に積もっている雪を見て慌てました。 何も味わわないのがとても冷たかったからです! それでも自分がホッキョクギツネであることを知るように、最初の境界が解けるとすぐに元の雪の中で遊んだように元気に走り始めました。

通り過ぎた愚か者は飛び跳ねるが、雪の中に埋もれて目を感じて遊ぶ方法を知らなかったマシエクに、目の上でちゃんと遊ぶ方法を教えてくれます。 愚かな友達を見て学んだマシエクは、今、雪の畑に飛び込んで雪の穴を掘り、幸せな時間を過ごしたという。

マシュエックを守り、育てたオトワルテ・クラッキー動物運動協会は「すべての動物が自由を享受するまで私たちの運動は止まらない」と明らかにし、すべての動物は最小限の権利を保障されなければならない、同じ命であると付け加えた。です。

ⓒ美しい物語を伝えるアニマルプレス、無断転載及び再配布禁止
글 l 애니멀프레스팀

ⓒ 인간과 동물의 이야기를 전하는 매거진, 애니멀프레스

새로운 이야기
새로운 이야기
많이 본 이야기

오늘의 이야기

12월 1일, 오늘의 띠별 운세

'오늘의 띠별 운세' 2022년 12월 1일 운세는? ▶쥐띠 오늘의 운세 "다른 사람의 잘못을 용서해 주도록 하세요. 너무 맑은 물에는 물고기가 살 수 없어요."60년생 -되로 주고...