분류되지 않음毛皮の現実、北極キツネの涙

毛皮の現実、北極キツネの涙

毛皮の現実

天然毛皮は毛がとても柔らかく保温性も高く、高価にも冬季ファッションアイテムとして着実に愛されてきています。

しかし、毛皮の利用は動物たちの犠牲が避けられないため、毛皮生産に反対する声も少なくなく、最近毛皮のために犠牲になるキツネの姿がある動物保護団体を通じて公開され、動物虐待反対運動に火をつけ、市民たちの注目を集めています。

「動物に対する権利(Oikeutta eläimille)」とは、フィンランドの有名動物保護団体が公開した映像には、フィンランド北部地域、オーストロボトニアにあるある毛皮農場で飼育される北極キツネの姿が収められました。

映像を初めて見た人々は、これがホッキョクギツネか分からないほど北極キツネはひたすら毛皮を作るために肉だけがコクモク蒸した状態でした。

狭い私たちで脂肪含有量の高い飼料だけを持ったまま食べて小柄は異常に大きくなっており、これらの平均重量は20kgに肉迫して平均的なキツネ体重である3.5kgと比較にはなりませんでした。

大体考えても5倍を超える重量を持つキツネたちの状態は良くできず、活動量の多い北極キツネたちに狭い私たちは刑務所ではなく地獄そのものでした。

この団体が映像の中に収めた毛皮工場はフィンランド、フィンランドはヨーロッパ最大の毛皮工場です。 多くの有名ブランドや毛皮代理店に毛皮を供給する会社が多く、フィンランドで一年に犠牲になる北極キツネの数は200万頭に達します。

フィンランド国法上、動物たちに被害を与えるような方法で動物を家畜するのは違法ですが、明示文だけでなく、まだ暗闇にこのような非倫理的な飼育行動は続いています。

高級ブランドで作られる毛皮ファッション帽子、上着などには一着あたり10~20匹のホッキョクギツネが必要で、毛皮を得る際には山菜で毛を離します。

動物保護団体関係者は「これらの動物の状態は利益だけを追求した人間の創造物であり、より大きな肌と大きな塊は毛皮業者のより多くの利益を意味します。 」と批判した。

ⓒ美しい物語を伝えるアニマルプレス、無断転載、再配布禁止
글 l 애니멀프레스팀

ⓒ 인간과 동물의 이야기를 전하는 매거진, 애니멀프레스

새로운 이야기
새로운 이야기
많이 본 이야기

오늘의 이야기

‘히어로’처럼 멋지게 착지하는 다람쥐 짤의 숨겨진 진실

슈퍼히어로 같은 멋짐을 풍겨냈던 다람쥐 착지 사진의 진실이 밝혀졌는데요. 다람쥐로 유명한 이 사진은 사실 청설모 였습니다. 지난 11일 온라인 커뮤니티에는 '다람쥐가 멋지게 착지하는 이유'라는...